« COUNTDOWN JAPAN 06/07 PartⅡ | トップページ | 『特命係長 只野仁』朝まで祭り »

2007/01/03

COUNTDOWN JAPAN 06/07 PartⅢ

~PartⅡからの続き

木村カエラ終了。

さて、吉井さん登場まであと30分以上。
そしてもはや最前列から一歩も動けず、ギュウギュウのまま待機。
でも、いいよ、いいよ。
全然、いいよ。

Dvc00201 













↑真正面に見える“COUNTDOWN JAPAN 06/07”の赤い旗?はなんとも心躍らせる。

着々とステージの準備が進む。

Dvc00200













↑EARTH STAGEは人、人、人でいっぱいだよ。

Dvc00204







↑最前列からの様子ってこんな感じだよ。

と、いうことで写真を撮って時間をつぶして、時刻は23時45分。

⑦吉井和哉

1.ALL BY LOVE
おー、この曲から始まるか?
ちょっと驚き。
でも「この会場を愛でいっぱいにします!」というコメントで納得。
よし、いくぞ!

2.WEEKENDER
大合唱。大熱唱。
週末ならぬ年末?か。

3.FINAL COUNTDOWN
予想通り、だった。
さて、うまくカウントダウンと合わせるのかな。
「あと2分50秒だぜぃ」
と現時刻を教えてくれる吉井さん。
FINAL COUNTDOWNが終わりそう・・・。
「あれ、みんなでカウントダウンは?」

~カウントダウン with KREVA~

「僕の親友を紹介するぜぃ」って、奴しかいない。
キタ━━━(゚ ∀゚ )━━━!!!!!
KREVA登場!
KREVAが吉井さんにシャンパンを渡し、準備OK!
「10、9、8・・・3、2、1、ボーン(花火)」
キタ━━━(゚ ∀゚ )━━━!!!!!
あけましておめでとう!!!
そして、あっけなくKREVA退散。
あなた、最高!

4.LOVE LOVE SHOW
2007年一発目がこの曲。
イェィ!アゲアゲ~。

5.人それぞれのMYWAY
6.黄金バッド
7.HOLD ME TIGHT
8.CALL ME
9.TALI(アコースティックVer)
この辺はツアーと同様。
でも、吉井さんはとっても気持ちよさそう。
やっぱりアナタはこういう場が合ってるよ。
また戻っておいで、Zeppへ。

10.YESTERDAY
「僕が所属している東芝EMIに捧げます」って言って始まったのがThe Beatlesの名曲カバー。
しかも吉井さんオリジナルの歌詞付。
でも、間違えてた・・・。
最後に正直に小声で告白してました。

11.バラ色の日々
「知っている人は歌ってください」って、歌うよ、そりゃ。
で、私の大好きな「びゅ~てぃふぉ~」がまた聴けた。
最高です!

12.パール
この日の一番の衝撃は、この曲かな。
ツアーのアンコールではアコースティックVerですが、ついに原曲Verで聴けました。

13.BLACk COCK'S HORSE(ノリノリVer)
時間が全くつかめなかったが、そろそろかなって思っていたときにこの曲。
この曲で終わるわけないよなって思いながら、もはやヘッドバンキング状態。

14.BELIEVE
あー、終わってしまう。
この時間を永遠に・・・。
そんなことを思いながらじっくり聴いていました。

吉井さんが手を振って会場を後に。
拍手が止まない。
会場も明るくならない。。。
まさか・・・。

-アンコール-

15.楽園
おーと、アンコールでこの曲とは思わなかった。
とにかく2007年は「楽園」になるといいなって本当にそう思った。

そして、時刻は24時55分。
ライブ終了。
2006年の締めくくり&2007年のスタートを最前列でのライブで過ごせたことにとっても幸せを感じました。

(総括)
早稲田祭、新潟、静岡(延期)、武道館と回っていたが、このCOUNTDOWN JAPANを一番楽しみにしていました。
高校時代にフェスに行きたいと思い、日本でFUJI ROCKが開催され、その後どんどんフェスが拡大して行ったが、実は一度もフェスに参加したことがなかった。
そんなこともあって、否が応でも期待大!でした。
そして遅ればせながらフェス初体験し、やっぱり最高!
2007年は夏フェスもあわせて、ガンガンに行こうって決意しました。

(余談)
吉井さんのライブでは、私の左の男性も熱唱していました。でも、大きな声でところどころ歌詞を間違えていたことが非常にうっとうしかった。
なんか、昔の自分を見ているようでかわいくも思えたけどね・・・。
(そうそう、Pearl Jamの武道館公演のライブCDには私の歌声が入っててちょっと恥ずかしいんだよな。。。)


ちなみに、さっきまで12月28日の武道館ライブを観ていました。
ちょっとショックだったのが27日とは明らかに違うノリ。
やっぱりこの日のライブは伝説だった・・・。

|

« COUNTDOWN JAPAN 06/07 PartⅡ | トップページ | 『特命係長 只野仁』朝まで祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« COUNTDOWN JAPAN 06/07 PartⅡ | トップページ | 『特命係長 只野仁』朝まで祭り »